Donated Group


四方僧伽

四方僧伽はアジア20ヶ国に広がる、国を超えた仏教徒の助け合いのネットワークです。

 

top_image

 

四方僧伽の名称は、「世界中の人々は、ほんらい和合するつどい(サンガ)である」というお釈迦さまの根本の教えに由来しています。

 

しかし、その教えとは裏腹に、世界の実情は、対立や騒乱・戦争、自然環境の破壊、貧富格差の増大、

人権の抑圧そして人間精神の崩壊など日を追うごとに悪化の一途をたどっています。

 

この状況を憂い、今、世界の仏教徒たちが宗派の違いを乗り越え、互いに手をたずさえ、悲しみと絶望を希望に変え、

人類の真の和合の姿をこの世に顕現しようとしています。

 

 

~四方僧伽誕生のルーツと活動内容~

 

四方僧伽(しほうさんが)は、お釈迦様の教えをもとに世界の人々と連帯し、貧困・差別・戦争・災害など、様々な理由で苦しんでいる人たちの自立を支援し、貧困や争いの無い平和な世界を実現したいとの思いから、2003年に有志数人によって結成されました。

 

041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e7

 

 

これまで、カンボジアやバングラデシュで、旱魃対策の「ため池」造成や井戸の設置。貧困地域の自立支援を目指した「仏陀バンク(仏陀銀行)」プロジェクトなど、各種の自立支援、緊急人道支援を推進してまいりました。

 

四方僧伽では、現地 に暮らす人々の「自立心」と「他者への共感と思いやりの行動」を最優先のテーマとし、彼(彼女)等の自立心を損なうことのない支援を目指しています。

 

そうして自立心が充分に育まれたならば、同様の苦しみに喘ぐ周囲への思いやりへと向かってゆくものです。

 

 

ホームページ

http://catuddisa-sangha.org/

 

 

スタッフ

 

代表: 上川 泰憲

代表: 上川 泰憲 さん

事務局長: 坂田 悌尉

事務局長: 坂田 悌尉 さん

 

 

 四方僧伽へのドネーション出品